<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 六壱朗さんの旗のもとに。 | main | 六壱朗さんとファーファさん。 >>
六壱朗さんとアルジャーノン。
うちには六壱朗さんの遊び相手を務める、ねずみーファイブというおもちゃ戦隊がいます。



左からアルジャーノン。アルジャーノンJr。ゼブラーノン。ロバート。ローズマリー。(ちゃんと名前をつけている)

中でも一番仕事熱心なのが、左端の彼、アルジャーノン。五匹の中でも長老格で、六壱朗さんの遊び相手ならワシに任せろってなもんです。六壱朗さんもアルジャーノンが一番好き。
しかし、やる気のあるものが一番傷つくこの業界。





腹を裂かれたり、水責めにあったり、メシのおかずにされたり、非常に大変です。
僕らが六壱朗さんのお皿に入れるわけではもちろんなく、六壱朗さんが自らくわえて放り投げて投入してしまうのです。酷いときは二日に一度の頻度でねずみースープ作ってを作ってました。

そして今日も六壱朗さんは、ねずみーファイブ(特にアルジャーノン)と遊んでおられます。
---オラァ!オラァ!!
がんばれアルジャーノン。



スポンサーサイト
あははっ、六壱朗さんすごいですね!
ネズミちゃんがゴハンに入ってる〜!
タロ吉はネズミ系のおもちゃに無反応なので
羨ましいです。
六壱朗さんにとっては獲物もディナーのひとつなんですね。
アルジャーノンとは某小説からの命名ですか?
“やる気のあるものが一番傷つく”ってフレーズが
心に響きますね〜(笑)
ましゃり | 2008/11/07 21:24
こんばんわ!
猫の個性によって、好みのおもちゃも変わるみたいですね。六壱朗さんは猫じゃらとねずみーは好きなのですが、球型のおもちゃにまったく無関心なんです。

そうなんです。「アルジャーノンに花束を」から命名なのです。涙を誘う物語ではありましたが、うちのねずみアルジャーノンさんの生涯も負けじと涙を誘うのですよ・・・。彼は愛されるごとに傷つく宿命に生まれたのでした・・・。
とーちゃん | 2008/11/08 11:43
水に浮いてる姿はなんとも哀れ・・・。
でもアルジャーノンさんはねずみーファイブの中では風格が漂ってますね。
うちのは年寄りでおもちゃで遊びませんので
皿に入ってる姿さえ、なんだかほほえましくみえます。
ネコムラ | 2008/11/08 17:17
ネコムラさん、はじめまして、こんばんわ!コメントありがとうございます。

そうなんです、アルジャーノンさんは僕らが買った最初のねずみで、六壱朗さんのご愛着もあり、他の四匹とは一線を隠す雰囲気なのですよ。(尻尾がない。腹をさかれている。噛まれすぎて体が縮んでいる)
よき遊び相手なのです・・・。

ネコムラさんの愛猫マルさんに比べれば、うちの六壱朗さんはまだまだこわっぱなので、おもちゃが恋しい季節のようです。思春期です。
とーちゃん | 2008/11/08 20:23
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK