<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< えらいぞ六壱朗さん。 | main | 夢見る六壱朗さん。 >>
ミヌースさんです。六壱朗さん。
ネコ好きな皆さんに映画の紹介をします。もちろんネコの出てくる映画ですが、かつてここまでたくさんのネコが登場する映画があったでしょうか。


「ネコのミヌース」と、いうオランダ映画がそれです。原作は1970年に出版された童話。






夜の街を彷徨う一匹の雌ネコがいます。名前はミヌース。彼女がひょんなことから人間の姿になってしまう場面からお話は始まります。
カリス・ファン・ハウテンというすこぶるスタイルのいい女優が演じているミヌースさん、大変可愛らしいです。牙を剥いたり、犬を見ると木の上に飛び上がってしまったり、揺れる紐状のものに飛びついたり、ニシンのためならいかなる労苦も厭わなかったり、テーブルの下に隠れたり、親愛の情を示すときにはすりすりしたり・・・と、極めてネコ女なキャラクターにニヤリとさせられます。なぜか緑色をこよなく愛し、ファッションは鮮やかなグリーンで固めているのですが、これがまたイカス。


そんで人間化してしまったミヌースさんは、気弱な新聞記者のティベという男性に出会います。ガレッジセールのゴリをヨーロピアンにしたような俳優が演じているのですが、この気弱ないいヒト、好演です。ゴツイのに。突然家に入り込んできたネコ女をさん付けで呼んでしまうほどいい人です。
ミヌースさんはネコ社会の情報網を使い、ティベに新聞記事のネタを提供する代わりに、彼の家に居候することになります。


元ネコと人間の暮らしはコメディチックに噛み合わなかったりするんですが、二人はいいコンビとして特ダネを次々ゲットしていきます。歴史ある美しいヨーロッパの町並みを徘徊する猫たちの情報網の広さは人間の比ではありません。ティベのアパートの大家の娘ビビ(小学生)も仲間に加わり、三人は楽しい日々を送ります。バックミュージックがフレンチポップっぽくてノリノリ。サントラが国内で出てないのが残念です。「テキーラ」のカバーとか最高でした。
わかりやすく早い展開と、ネコ女ミヌースさんの可愛らしさ。三分に一回は登場するネコたち。猫好きならずともニヤリニヤリとしてしまう楽しい映画です。


中盤、ミヌースさんは動物好きで通っている町の名士エレメートさんが、ネコをひき逃げしたことを仲間ネコから知らされます。
これに対し、ティベは早速記事に書くのですが、町の人々はそれを信じないばかりか、ティベを嘘つきだと罵ります。
実はこのエレメートさんがとんでもない野郎で、町民からの信頼を得るために猫好きのふりをしていながら、本性は大の動物嫌い。ネコたちに酷いことをしています。
ティベとミヌースさんとビビ。そして町のネコ連合は、エレメートさんの本性を暴くべく立ち上がります。
果たしてエレメートさんの正体を暴くことは出来るのか?ミヌースさんはネコに戻ることが出来るのか?
結末はけっこう意外なつくりになっております。


ネコが人間になってしまう、という題材は、実は表現するにむつかしいものだと思います。人間が動物の気持ちを想像するとき、そこにはどうしても、人間独特の思い込みやエゴが多々入り込みがちだからです。
ですが、このお話が人間からの視点のみにとらわれた、独善的な作品になり下がっているとは、僕は思いませんでした。原作の童話と、ミヌースさんのキャラクターが大変よく考えられているからでしょう。
うちのコがもし人間だったら・・・というのはネコと暮らしている人なら一度は考えたことがあることだと思いますが、この映画はそこらへんに上手にリアリティを与えることに成功した映画だと思います。


愉快痛快、可愛くて楽しい映画です。
見るときっとしあわせな気持ちになれると思います。僕はなりました。
しかしよく、こんなたくさんなネコで映画が撮れたものだと感心したもんです。
ちなみにミヌースさん、世界各地で多数の賞を受賞しています。本国では100万人を動員したらしいんだぜ。


    * オランダ映画祭
           最優秀作品賞
           最優秀女優賞
    * 2002年 モントリオール国際子供映画祭
           最優秀作品賞
    * シカゴ国際子供映画祭
           最優秀国際映画部門・子供審査員賞


六壱朗さんはネコのままでいいですよ。
---はい。


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK